不動産・スポーツ・慈善活動で世界を盛り上げるオンリーワンカンパニー。アジアグループの採用サイトです。

アジアグループ

仲間を知る

師弟インタビュー

お2人の仕事内容を教えてください。
柴田:主に、不動産の仲介や買取りの営業を担当しています。 お客様の相談に乗ったり、販売活動を行ったりしています。 児玉:僕も同じ業務内容です。
お2人の出会いは?
お互いの第一印象も教えてください。
児玉:入社した時、同じ店舗に柴田さんがいました。
柴田さんには先輩として色々教えてもらっています。
柴田:初めて会った時、児玉さんの風貌が「うちの社長に似てるなあ」と思いました。あと、これは悪口ではないんですが(笑)、「威圧感のある人だな」っていう印象が…。後輩とはいえ、児玉さんの方が年上なので、それもあいまって、とにかく「威圧感がすごいな」と。
児玉:そうでしたか(笑)。
僕は全く別の業界から転職してきたんですけど、柴田さんは若くして不動産業に入られたと聞いていました。そういうのもあってとても「しっかりした方」という印象でした。
柴田さんが児玉さんに教えた仕事で
印象的なことは?
柴田:不動産業界で「契約」は慎重さが求められる重要な業務です。
初めは先輩の契約に後輩が同行して、契約方法や流れやなどを覚えていきます。実際に経験を積まないと身につかない部分が大きく、教える方も覚える方も大変だと思います。
児玉:柴田さんは表面的なものではなく知識や技術をたくさん備えている方。それでいて話しやすいフレンドリーな感覚も持ち合わせていて、サラリとフォローもしてくれる。毎日勉強させてもらっています。
柴田:児玉さんは僕と違って、お客様とグッと距離を縮めるのが上手です。物怖じしないんですよね。
児玉:えっ!自分ではそんな風に思っていなかったので意外です。
素直に嬉しいですね。
実際に関わってみて、
お互いについてどう感じている? 柴田:児玉さんは僕より年上で、なおかつ社歴は下になるので、当初はどう接するか難しい部分がありました。
児玉:それはありますよね。正直、僕も難しいなと感じたことはありますし…。
柴田:でも、実際に一緒に働いてみると、児玉さんが良い成績を出せば素直に嬉しいし「自分ももっと頑張らないとな」って刺激されます。今は彼に対して「後輩」っていう感覚はあまりなくて、良きライバルです。
児玉:僕も全く同じです。良き仕事仲間であり、ライバル。
まだまだ教えてもらうことがたくさんありますが、柴田さんは一番相談しやすい人です。
柴田:そう言ってもらえると嬉しいなあ。
現在就職活動中、
または就職活動を控えている学生さんに
メッセージをお願いします。
柴田:不動産業界と聞くと堅いイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。
うちの会社は上司がとてもフレンドリーでアットホームなのが特色です。
児玉:わからないことも、ちゃんと聞けばしっかり教えてくれますよね。
柴田:そう。「自分の仕事を一生懸命やる」というのは絶対条件ですが、スタッフが良いので、居心地のよさや働きやすさは感じてもらえると思います。
児玉:不動産と聞くと「お金を稼げる」「給料が高い」というイメージがあり、そこに夢を持つ方たちも多いと思います。実際には、そうした夢は、苦労を乗り越えた人たちだけが対価として得られるものなんだと実感できる。だから努力した者勝ちだし、「努力は自分のためになる」ことが学べます。
柴田:社長とサーフィンに行ったり、バーベキューなどの楽しい社内イベントがあるのもうちの魅力です。
児玉:不動産業界の道を考えるなら、ぜひアジアグループへ!

閉じる