不動産・スポーツ・慈善活動で世界を盛り上げるオンリーワンカンパニー。アジアグループの採用サイトです。

アジアグループ

仲間を知る

吉野友景

現在、どのような仕事をされていますか?
吉野:アイエー住宅販売・狭山支店で勤務しています。主に中古住宅のリニューアルや販売を請け負っており、僕は営業を担当しています。
どのようなきっかけで入社したのですか?
吉野:人生で一番大きな買い物である「住宅」の仕事に携わりたいと思って決めました。経済学部出身なのですが、不動産に興味を持ち始めたのは大学3年生の頃。大きなお金が動く仕事はプレッシャーが大きいだろうけれど、やりがいを感じられるんじゃないかと思いました。
入社してみて、アジアブループの印象は?
吉野:就職活動中に合同企業説明会に行ったのですが、その時に感じた会社へのイメージとまったく同じでした。まず、会社の人たちが楽しそうなのが印象的で。「仕事にも遊びにも全力を尽くす」という姿勢に驚いたのですが、実際入社してもそのままでした(笑)。
働き始めて苦労したことはありますか?
吉野:営業はどこまでいっても人と人とのコミュニケーションで、ゴールがないと感じました。たとえ物件が良くても、営業担当によっては購入を選ばないこともよくあります。たとえば細かい説明を好む方と、その真逆の方など、お客様は千差万別。お客様の望むものを見極めて、望むものを提案できるようになるにはまだまだ勉強が必要だと感じました。
では嬉しかったことは?
吉野:初契約を取った時は嬉しかったですね。また、2017年の、社の忘年会では自分の遺した成績や努力が認められて「新人賞」をいただきました。最高の瞬間でした。賞品でいただいたカルティエのボールペンは今でも大事にしています。
それは優秀で素晴らしい!
では今後の目標を教えてください。
吉野:2年目となる2018年度は、アイエー住宅全体で、営業成績上位5位以内に入るのが目標です。一緒に働いている営業さんたちは本当にすごい人たちばかり。すごく優秀なのにとても話しやすくて、絡みやすいんです。仕事力も人間力も負けないように、目標を高く持って頑張っていきたいです。
就職活動中、または就職活動を考えている学生さんにメッセージを。
吉野:とにかく企業を何社も見るのをおすすめします。妥協はしてはいけません。また、ネットでも口コミやレビューが見られますが、実際に会社説明会に行くと、約席の方がみえていることも多く、その会社の理念や社風をより肌で感じられます。ぜひ自ら足を運んで、自分の目と耳で会社の情報を集めてほしいと思います。

閉じる